トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2012.02.03

三機工業

データセンター向けのハイブリッド型省エネ熱源システムを開発


三機工業(株)は、データセンター向けとして、自然エネルギーを最大限に利用する「ハイブリッド型省エネ熱源システム『エスモジュール』」を開発した。
 
これまでのデータセンターでは、インバータターボ冷凍機が多く採用され、省エネ手法としては自然エネルギーを活用したフリークーリング用水熱交換器で予冷する方式が主流だが、この場合、インバータターボ冷凍機を停止することがないように予冷する必要があった。
 
『エスモジュール』は、高効率水冷チラーと同容量の水熱交換器、大容量の冷却塔、それらを制御する専用コントローラで構成されており、冬期など外気温度が低い場合は、フリークーリングのみで冷却をおこない、水冷チラーを停止することができる。
 
2,000m2のデータセンターで試算した場合、最大冷房負荷時には、このシステムに空調機ファン動力等を含めた年間COPは 5.7となり、空冷式の電算機用空調機(年間COP 4.3)と比べて約30%の省エネが見込め、冷房負荷が少ない場合には、集中型熱源方式の特長を活かしてさらに高効率な運転が可能で、負荷率70%では年間COPは 8.1になるという。


三機工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.