トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2012.11.14

三菱重工業

寒冷時も高効率に暖房できる空冷ヒートポンプモジュールチラーを発売


三菱重工業(株)は、業界トップのCOP 冷房時4.13、暖房時4.18を達成した空冷ヒートポンプモジュールチラー『Voxcel(ボクセル)』を開発し、12月から販売を開始する。
 
『Voxcel(ボクセル)』は、外気温度がマイナス10℃の低温下でも定格比最大150%の高い能力を発揮し、寒冷時にも高効率に暖房できるのが特長で、屋内との温度差が大きい時や建物自体が冷えている早朝時など、暖房負荷が一時的に高くなるニーズに、設備を増設せずに対応できる。
 
ラインアップは、30、40、50、60馬力(67kW〜160kW)の4種類で、ユニットを最大120台(最大7,200馬力、19,200kW)まで連結して制御することができ、さらにターボ冷凍機とも組み合わせることが可能で、熱源システム全体を最適制御し、省エネをはかることができる。


三菱重工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.