トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2012.12.03

富士通システムズ・ウエスト

エネルギー管理等ができる建物総合管理システムを開発


(株)富士通システムズ・ウエストは、設備保全管理などの現場業務と、建物を維持運営していく上で必要な投資判断やエネルギー管理などのマネジメント業務をトータルに支援する建物総合管理システム『Patina(パティーナ)』を新たに開発し、2013年1月17日から提供を開始する。
 
『Patina(パティーナ)』は、同社の『EDRAS(エドラス)施設管理』をもとに機能を強化・刷新したもので、設備管理、保全計画・実績管理などの現場業務から電力・水などのエネルギー管理やコスト管理等のマネジメント業務まで、建物にかかわる業務を総合的に管理できる。
 
設備に関係する文書・図面の管理、保全履歴等の検索機能等、日々の設備運転業務で必要となる機能や、エネルギー管理指定業者に義務付けられているエネルギー利用状況の管理、提出する定期報告書の作成などの管理機能を標準で搭載し、ビル管理データや検針値を取り込み、省エネの対策を実施するために必要となるエネルギー使用状況の見える化にも対応している。


(株)富士通システムズ・ウエスト
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.