トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
2013.01.24

川崎重工

小型の水冷媒ターボ冷凍機を世界で初めて商品化


川崎重工業(株)は、水を冷媒としたノンフロンの小型ターボ冷凍機を世界で初めて商品化し、2月から営業活動を開始する。
 
新製品は、小規模のビルや工場、事務所の空調用に適した100冷凍トン(352kW)で、ノンフロン、オイルフリー、コンパクト設計を実現しながらも冷却性能はフロン系冷媒冷凍機と同等のCOP5.1を達成している。
 
ターボ冷凍機の冷媒として水を採用する場合、冷凍サイクル中で蒸発させる際に大幅に減圧する必要があり、圧縮機の性能向上が課題となっていたが、同社のこれまで培ってきた回転機械技術を活かし、圧力比が高く高性能な新型圧縮機を開発したことで、フロン冷媒冷凍機並みの性能を達成できたという。


川崎重工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.