| 会議室へ雑談コーナーへ建築設備フォーラム

会議室
  投稿前に、必ず読んで下さい → 「利用時のルール」  「免責事項」

  (注) 閲覧は のマークを、クリックして下さい。
  過去ログの検索 →

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
2 / 46 ページ ←次へ | 前へ→

20972) Re:居室内換気量について
 ママ  - 21/2/18(木) 22:20 -
  
guguguさんが聞きたいのは法的にどう解釈すればよいのか?
ってことじゃないのでしょうか?
特に決まりが無いというのは無知すぎます。
建築基準法や消防法、あらゆる法令に左右されると思います。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20971) Re:給湯用循環ポンプの揚程について
 ママ  - 21/2/18(木) 22:13 -
  
計算で8mと出たなら正解と思います。設計者ならば茶本で確認ください。妥当では
ないでしょうか?出来れば管種、メインサイズ等詳しい情報を入れた方が良い
アドバイスができるのではないでしょうか?
管種による伸縮、膨張タンク、ポンプの流速、流量バランスと気になる点はたく
さんですのでご注意ください。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20970) Re:エアハンドリングユニット組み込み加湿
 ママ  - 21/2/18(木) 22:04 -
  
滴下式を蒸気等に変えたときに電気容量が大幅にアップします。
電源確保を忘れないでくださいね。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20969) Re:仕切り弁から増圧ポンプまでの給水管管種について
 ママ  - 21/2/18(木) 21:58 -
  
PE管の電気融着が却下されて、HIはすっぽ抜けで却下されて、VDならOK?
VDならネジ部が腐食する?
設計者も当事者も製品の仕様書と使用される条件、施工要領を十分に理解
すべきではないでしょうか?
どの話も個人的な意見にしか聞こえません。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20968) Re:エアハンドリングユニット組み込み加湿
 ぱんだ  - 21/2/18(木) 21:46 -
  
その昔々にエアハンの設計をしてましたが、設計条件だけではなく、加湿方式によっても加湿が出来る出来ないが変わります。

例えばエアハンでは一般的になってしまった気化式でカーテンに水を上から掛けたら、それが蒸発して加湿するという表現になりますけれど、一方で蒸発熱の分だけ加熱量が足りないと空気を蒸発熱で冷やしている分、ちゃんと加湿が出来なかったりします。
(空気線図飢えではほぼ等エンタルピ線上で左上に上がるため、加湿開始の温度が低いと加湿が止まります。気化式の場合は加湿エレメントの厚みにもよりますが、加湿開始点から飽和線までの線上の40〜80%になります。)
コレと同じように等エンタルピ線上で左上へ動くのは水スプレー(飽和線までの約30%程度)、高圧スプレー(飽和線までの35%程度)です。

良くあるのが、この水を蒸発させる系統の加湿器を使われていて、上記の飽和線までの線上の○○%程度というのは、飽和効率と言いまして、加湿効率とか、給水利用効率より低い値で、この罠にハマってる現場さんが多かった記憶です。

加湿不足への対策で手っ取り早いのは蒸気系の加湿器(電極式とかです。こちらは加湿開始点から熱水分比がほぼ真上ですが、一般的に1380の線上で動くので、ここちらの方がキチンと加湿出来ます)へ変更するのですが、それも設計条件やダクト保温施工がしっかりしてないと、加湿不足だけではなく、SAダクト内での再凝縮でダクト内が水でベチャベチャになったりします。

まず、設計条件の御確認が必要ではないか?と言うのは変わりませんが、外気条件を茶本で確認し、室内条件に見合った加湿量を計算されることから始められる事をお勧めします。

必要加湿量=(加湿前後の絶対湿度差)×(時間当たりの風量)÷(空気の比重[一般空調では1.204を固定値で使うことが多いですよ])

後は、コレに安全率を乗じて下さい。

ご参加までに。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20967) Re:仕切り弁から増圧ポンプまでの給水管管種について
 mekemeke  - 21/2/18(木) 19:09 -
  
配管長ですが、埋設約10m・ピット導入部からポンプ室立上りまで約35mになります。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20966) Re:仕切り弁から増圧ポンプまでの給水管管種について
 mekemeke  - 21/2/18(木) 19:03 -
  
12BY7A様

ご回答ありがとうございます。
この製品は知りませんでした。
参考にさせて頂きます。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20965) Re:仕切り弁から増圧ポンプまでの給水管管種について
 mekemeke  - 21/2/18(木) 19:01 -
  
GG様

ご回答ありがとうございます。
施工方法を十分に検討致します。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20964) Re:仕切り弁から増圧ポンプまでの給水管管種について
 12BY7A  - 21/2/18(木) 18:55 -
  
こんばんは

距離にもよりますが、案外川西のスッポン便利ですよ。
距離が長ければ、鋳鉄管使ったりもしますが。

ご検討ください。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20963) Re:あと施工アンカー 使っちゃだめ?
 つば苦労  - 21/2/18(木) 18:37 -
  
1つ補足させて下さい。ご存知かもしれませんが…
公共建築改修工事標準仕様書(機械設備編)のH28年版において、天吊りのあと施行アンカーにケミカルは使用しないこととハッキリ書いてあったのを記憶しています。
(大変申し訳ないですが、最新版を確認できていません。。)

例のトンネル天井落下事故の影響だとは思うのですが、これを受けて、私の部署では、天吊りの場合はケミカルを認めないと仕様書に明記するようになりました。参考までに。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20962) Re:あと施工アンカー 使っちゃだめ?
 管理人(Yoh)  - 21/2/18(木) 16:44 -
  
> トップランナー さん

レスがついていますので、
確認していれば、返信のレスをお願いします。

(返信が無いと、読んでくれたのかどうか分かりませんので・・・
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20961) Re:蒸気配管の流量計の騒音対策について
 管理人(Yoh)  - 21/2/18(木) 16:43 -
  
> rj さん

レスがついていますので、
確認していれば、返信のレスをお願いします。

(返信が無いと、読んでくれたのかどうか分かりませんので・・・
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20960) Re:あと施工アンカー 使っちゃだめ?
 烈空座  - 21/2/18(木) 12:32 -
  
明確な回答が得られないのは、それぞれがすべての担当とならないからだと思います。
あと施工アンカーは、種別・工法以外に、建築時の躯体の仕様と現在の状態の確認が必要になります。なぜなら、あと施工アンカーを打設される母材の状態が強度に大きく影響するからです。アンカーのカタログにある強度は母材強度Fc=xN/mm2となっています。経年のコンクリート中性化による強度低下も視野に入れます。
フロアはその上下を含めて許容荷重を計算します。
構造、意匠、アンカー、の情報をとりまとめてひとつの計画が完成しますよ。

追記:JCAAの資格講習のテキストを持ち歩き、いつも参考にしております。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20959) 飲料水の遊離残留塩素の含有率について
 ぶもっく  - 21/2/17(水) 16:25 -
  
いつもお世話になっております。
特定建築物の飲料水の水質基準に関して、新築工事の完成段階で混乱して
いることがありますので、詳しい方からのご教授をお願いいたします。

関連法規や仕様書には下記の記載があります。

・水道法施行規則における衛生上必要な措置として、
 給水栓における遊離残留塩素 0.1mg/L以上

・建築物環境衛生管理基準:
 給水栓における遊離残留塩素 0.1mg/L以上

・空気調和設備等の維持管理及び清掃等に係る技術上の基準:
 貯水槽(貯湯槽を含む)等飲料水に関する設備の維持管理基準として、
 給水栓及び貯水槽内における遊離残留塩素 0.2mg/L以上

・公共標仕:末端部において遊離残留塩素 0.2mg/L以上

【Q1】建物完成時に要求される遊離残留塩素含有率は
 受水槽内の水と末端の給水栓において、0.1mg/L以上でしょうか?
 それとも、0.2mg/L以上でしょうか?

【Q2】給湯の貯湯槽内においても、0.2mg/L以上が要求されるのでしょうか?
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20958) Re:あと施工アンカー 使っちゃだめ?
 たーぱん  - 21/2/17(水) 15:58 -
  
改修工事において後施工アンカーを打たずに施工は難しいので
事前にあと打ちアンカー施工についてのルールを現場共通のルールとして決めておき、顧客に承諾を得る形になります。工事の規模にもよりますが。

一般的にあと打ちアンカーが禁止される理由は
・打ち込まれている電気配管破損・配線の断線原因になる。
 (既存の電気配線をあと打ちアンカーで打ち抜いちゃったという話は新築工事でもある話ですが、改修となれば通電も終えてる、場合によっては稼働中ということで影響大です。)

・強度不足
 (形状・構造で耐荷重がまるで異なります)

だと思っています。

これに対する対処法を事前に決めておけば良い、という話です。

※以下、スラブからの吊り用アンカー前提で話をします。

<ルールについて(思いつく範囲で)>
・打設の事前報告の要否
・打設前のレントゲン撮影の要否
・使用可能なアンカー種類決定
 (一般的な見解として、荷重掛かった際に躯体に対してよりアンカー筐体が拡がる構造のものでなければ認められない)。
・場合によっては使用用途に分けて仕様アンカー種類を決める必要があることも。
・穴あけ段階で電配に築いた場合どうするか(電気屋さんとの約束)。電配管に気づいて線まで達する前にやめれる場合もありますので。その場合どうするか等々

だれも決めてくれない、承諾する人が居ないならこれしかありません。↓
<あと打ちアンカー以外の対処方法>
アンカー打設出来ることになっても、配線打ち抜きのリスクがありますので既存インサートをフル活用し、複数のインサートから短く全ねじを下ろして、高いレベルて鋼材を流して適正な位置に吊りを得る。手間は掛かりますが電配打ち抜きのリスクがありません。但し、職人さんが使いたがる長穴あきアングルは強度の問題もありますので、この辺は決めておく必要があります。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20957) Re:仕切り弁から増圧ポンプまでの給水管管種について
 GG  - 21/2/17(水) 15:09 -
  
埋設の場合価格は高いですが、PE管が、一番いいと思いますが、
設計監理の見解は、宜しくないとのことなので、
HI管でしょうね(埋設部)
給水直結とのことですから水圧0.5〜0.7Mpa位だと思いますから
水分に注意して面取り加工、着色接着剤、挿入機の使用
気温による挿入機保持時間を厳守すればいいと思います。
(メーカーから施工要領が出ていると思います。)
(滅多な事はないと思いますが、ソルベントクラックにご用心)
あと気を付けなければいけないのは、有機溶剤などと
絶対にHI管を接触させないことです。(クレオソート等)
ピット内、ポンプ室は、SGP-VDの工場加工のフランジ管を
使用すればねじ部が無いので腐食の心配がないと思います。
予算を考えるなら埋設部以外もHIでもいいと思います。
正しい施工をしてもどうしても心配ならエルボなどの
継ぎ手の直近で、鋼材で壁面からの固定を考えたらどうでしょう
定水位弁を使用しないので、ウォーターハンマーも
あまり起きないと思いますので、これでいいかと思います。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20956) 仕切り弁から増圧ポンプまでの給水管管種について
 mekemeke  - 21/2/17(水) 10:07 -
  
新築共同住宅の物件です。
直結増圧方式
引込口径:75A

土中埋設〜ピット内〜ポンプ室という配管ルートです。

図書には仕切り弁〜増圧ポンプまでの管種はSGP-VDと記載があった為、施工性を考えHIVPで設計者に提案し、了承を得ました。
ですが、HIVPの75Aはすっぽ抜ける可能性がある、VDは施工性も悪いし、ネジ込み部分から腐食し漏水する可能性があるなど、様々な意見を頂戴しどちらで施工すれば良いか不安になっております。
皆様のご意見をお聞きしたいです。
HIVPの場合はTS接合で考えております。
ちなみにPE管の電気融着は却下されてしまいました。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20953) Re:エアハンドリングユニット組み込み加湿
 はからめ  - 21/2/15(月) 17:13 -
  
ありがとうございます
文章が上手く書けていないと思いますが
私は、老人施設の設備担当で、設計事務所に設計を依頼しています
大規模改修で建築設計に発注しています

私は、設備工事をやっていましたが、ビル管理に鞍替えして現在の施設にいます
設備の事がちょっとわかっているので素人よりは、いろいろ口出ししていますが
設計者が頼りなく、質問等しても要領をえずなので
一般的にはどうなのか、程度に質問してしまいました
OB古狸様の指摘、回答はわかりました。設計者ともっと話したいと思います
「先生」の件は失礼しました
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20952) Re:エアハンドリングユニット組み込み加湿
 OB古狸  - 21/2/15(月) 16:18 -
  
室内温湿度の設計条件はどうなっていますか?
又、室内の暖房使用時の温度設定は何℃ですか?また室温の現状は如何ですか?
加湿が効いてないという事ですが相対湿度何%ですか?
加湿器を変えるという事ですが、加湿能力をどの程度のものに替え、その結果室内の湿度がどのようになるのか検討しているのですか?
目安が無くて改修しても満足のいく結果とならず、御社の評判を落とすだけです。

加湿器は機器選定の余裕はありますが、設計条件以上の能力は期待できません。
冬期の室内温湿度条件は、通常の事務所ビルで20〜22℃、40〜50%です。
20℃40%の設計条件の場合は、室内温度24℃では33%程度になります。
寒冷地では、窓やサッシの構造にもよりますが、加湿能力をあげても。ここで除湿されるので、湿度は上がりません。

相対湿度を上げる最も簡単な方法は、室温を下げることです。
但し昨今のオフィスビルでは、照明をLEDに替えても室温は上昇傾向にあると思います。したがって加湿能力を多少上げても、満足いくかどうかは疑問です。

何故設計者に訊かないのですか?(先生という言葉はこの業界の後進性(士農工商)を示しています。使わないでください)
設計料は払えなくても、アドヴァイス程度は貰えるでしょう。
設備設計者は自分の設計したものが、うまく運転されているかを知る機会がありません。そのような情報を得るいい機会です。

その他の疑問への回答です。
>4階に空調機械室があってそこから1階まで各階に給気してます
そもそもこの条件で加湿が出来るのか
・・・何を心配されているのかわかりません。
   空調機で処理された空気は各階に同じ条件で送られますから、加湿が改善さ
   れればその空気は各階に送られます。

>ダクトの損失など、どうなんでしょうか
・・・送風空気の温湿度変化によるダクトの摩擦損失は誤差の範囲内と考えます。

>加湿器を替えるというだけですが、それだけで、大丈夫か心配です
・・・心配していないで、現在ついている加湿器の仕様と、変更予定の加湿器の仕
   仕様を示して下さい。ものが分からなければ、アドヴァイスのしようがあり
   ません。

小生の経験では、ほぼ間違いないのが、蒸気ボイラを設置して蒸気加湿することです。熱源の問題もありますので、設計事務所に相談するのが良いと思います。
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

20951) エアハンドリングユニット組み込み加湿
 はからめ  - 21/2/15(月) 13:37 -
  
お疲れ様です
改修工事の設計段階に関わっている、施設管理担当です
加湿不足をどうにかしたいと思っていますが
現在は、外調機に滴下式の加湿器が付いています
大して効いていないのですが
4階に空調機械室があってそこから1階まで各階に給気してます
そもそもこの条件で加湿が出来るのか
ダクトの損失など、どうなんでしょうか
設計の先生に聞いてもわからないんだろうなと
加湿器を替えるというだけですが
それだけで、大丈夫か心配です
ご指導、経験などお願いします
引用あり
パスワード
・ツリー全体表示

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
2 / 46 ページ ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free