| 会議室へ雑談コーナーへ建築設備フォーラム

会議室
  投稿前に、必ず読んで下さい → 「利用時のルール」  「免責事項」

  (注) 閲覧は のマークを、クリックして下さい。
  過去ログの検索 →

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
44 / 140 ツリー ←次へ | 前へ→

20430) 給水配管の管径の決定について かずひろ 20/6/5(金) 16:55
20434) Re:給水配管の管径の決定について masa 20/6/6(土) 12:32
20435) Re:給水配管の管径の決定について かずひろ 20/6/6(土) 14:05

20430) 給水配管の管径の決定について
 かずひろ  - 20/6/5(金) 16:55 -
  
設備初心者です。

給水設備の管径の決定について教えてください。

流量(負荷単位)から管径を出す答えと、均等法により管径を出す答えと
どちらを採用すればいいのでしょうか?

よろしくお願いします。
引用あり
パスワード

20434) Re:給水配管の管径の決定について
 masa E-MAIL  - 20/6/6(土) 12:32 -
  
基本的には、どちらの方法によるかは、特に基準を設定されていなければ、設計者が選んで良いことになります。
選定の方法としては、給水負荷単位法でも、均等法でも、基準となる最大負荷を選定する事になります。
給水負荷単位は、器具毎の負荷単位の集計から、使用器具の種別により、負荷単位ー流量曲線より、最大流量を求めて、流速をが一定の範囲になるように選定します。(そういう意味では、等速法に近い選定となります)
均等法は、通常は、器具毎の1回使用量と、毎時使用回数、同時使用率から、最大流量を求めて、基準管径の均等数を求めて、上位の配管口径を選定します。(こちらの場合は、圧力損失を一定範囲にするので、等圧法に近い選定になります)
どちらの方法によるとしても、最大負荷は、想定となるので、利用実態に完全に一致する事はまれです。
選定としては、均等法の方が楽だと思いますが、等圧法の考えなので、給水圧力が比較的安定している場合に用いる場合が多いです。
直結給水の場合は、水道事業者の指定する水理計算による必要があります。
受水槽以降の場合は、設計者が任意に選んでかまいません。
主管を給水負荷単位で選定して、便所内など局所を均等法で選定するなどの方法も取れます。
引用あり
パスワード

20435) Re:給水配管の管径の決定について
 かずひろ  - 20/6/6(土) 14:05 -
  
丁寧なご回答ありがとうございました。
引用あり
パスワード

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
44 / 140 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free